前のページに戻る

フュージョン細胞療法とその効果

免疫細胞治療といっても、いろいろな種類があります。アクティクリニックが行っているがん免疫治療は、フュージョン細胞療法という日本では当院でしか受けられない治療法です。このフュージョン細胞療法の特長は、自分のがん細胞をDNAレベルで特定することで、免疫システムを働かせ、効果的にがんを攻撃するものです。「大野・キーフ法」とも呼ばれるこの治療は、世界屈指のがん研究の拠点として知られるハーバード大学ダナ・ファーバーがん研究所のドナルド・キーフ教授と当院名誉院長の大野典也の名前からつけられました。キーフ教授は、「融合細胞療法」を確立した第一人者です。融合細胞療法は、患者から取り出した樹状細胞と、同じく患者から取り出したがん細胞を体外で融合させ、がん細胞のDNAレベルの情報を獲得し、がんを攻撃できるのです。さらに、この方法に大野典也が改良を施し、がん細胞と樹状細胞の融合細胞に、ある決められたタイミングでIL12サイトカインという製剤を患者さんに投与し、免疫細胞をさらに活性化できるようにしました。こうして「フュージョン細胞療法」が確立していったのです。

このフュージョン細胞療法が確立した当初、脳腫瘍患者15名に対して臨床研究を行いました。この15名はすべて、外科手術、化学療法、放射線療法の三大治療を受けてきたにもかかわらず症状が改善されず、いわば、打つ手がなくなっていた状況で臨床に参加しています。そのなかで、15例中著しい効果が見られたのが4例、増殖が止まったのが3例と2種類のがんを患っているケースで一方だけ効果がみられた1例を含めると、半数以上に治療効果が認められたのです。最も治療の難しいといわれる脳腫瘍の打つ手なしの患者さんに半数以上の効果が認められたということは素晴らしい成果であると言えます。

 

 

前のページに戻る

© 2017 ACTTI CLINIC ALL RIGHTS RESERVED.