当院について

いま最善だと考える治療

アクティクリニックは、がんと向き合いその治療に「希望」を持てる医療を行っています。
がんは2人に1人がかかると言われ、患者となる人はもちろん、家族や自らの周囲に大きな不安をもたらします。
がんという、治療が困難な病と向き合い、患者さんの希望や笑顔を取り戻すこと。
それこそが我々の使命だと考え、日々治療を行っています。

当院では、がん免疫治療(Cancer Immunotherapy)の専門家を顧問に迎え、
常に世界から最新の情報を取り入れ「いま、最善だと考える治療」を提供しています。
現時点では、自らの細胞を使った副作用の少ない自己細胞治療を選択しています。

がんに向き合うことは、治療の方法だけではありません。
「病気だけでなく人を診る」こと。
アクティクリニックは、その人にとって最善の治療とは、
「活き活きとした自分をつくること」だとも考えています。

どんな状況でも、笑顔で人生を送ることをあきらめず、病気のことはもちろん、
些細なことでも相談を寄せていただけるような「ホスピタリティ」を大切にしています。
私たちは「がん」という治療が困難な病気の患者さんに
生きる希望と笑顔を取り戻していただくことを目標としています。

医師プロフィール

大野典也

Profile

米国ハーバード大学がん研究所客員教授や東京慈恵会医科大学教授を歴任してきたがん免疫療法のエキスパート。優しい笑顔でお迎えします。

経歴

  • 昭和40年3月 東京慈恵会医科大学卒業
  • 昭和41年4月 第40回医師国家試験合格
  • 昭和42年4月 慶応義塾大学・医学部・分子生物学教室助手
  • 昭和47年6月 医学博士の学位受領
  • 昭和49年3月 コロンビア大学医学部がん研究所主任研究員
  • 昭和54年10月 コロンビア大学医学部がん研究所教授に就任
  • 昭和56年10月 東京慈恵会医科大学第1細菌学教室教授に就任
  • 昭和58年7月 ハーバード大学医学部客員教授に就任
  • 平成6年2月 東京慈恵会医科大学DNA 医学研究所所長を兼任
  • 平成8年4月 文部省ハイテクリサーチセンター整備事業研究代表者
  • 平成9年 特定疾患調査研究評価委員
  • 平成11年 (株)ステムセル研究所設立発起人取締役就任平
  • 平成12年4月 文部科学省バイオベンチャー研究開発拠点整備事業研究代表者 医薬品副作用被害救済・研究振興調査機構治験相談顧問(委嘱期間平成16年3月31日迄)
  • 平成15年3月 定年退任
  • 平成15年4月 名誉教授
  • 平成21年9月 (株)ステムセル研究所代表取締役会長就任(平成22年10月退任)
  • 平成23年11月 高知大学医学部特任教授(再生医学)
  • 平成24年8月 アクティクリニック開設

論文・著書

  • ・Vaccination of Glioma Patients with Fusions of Dendritic and Glioma Cells and Recombinant Human Interleukin 12
  • ・Result of a phase I clinical trial of vaccination of glioma patients with fusions of dendritic and glioma cells
  • ・Prevention of gastrointestinal tumors based on adenomatous polyposis coli gene mutation by dendritic cell vaccine
藤本純一郎

Profile

国立成育医療研究センターで臨床研究センター長をされていた小児がんのエキスパート。新たな治療法に可能性を感じ、平成26年10月に院長に就任。

経歴

  • 昭和52年3月16日 岐阜大学医学部卒業
  • 昭和52年4月 岐阜大学医学部付属病院・小児科(臨床研修医)
  • 昭和52年5月 岐阜大学医学部付属病院・小児科医員(研修医)
  • 昭和53年4月 県立岐阜病院小児科・医師
  • 昭和54年4月 札幌医科大学・研究生(病理学教室)
  • 昭和60年3月 国立小児医療研究センター病理病態研究部・病理研究室長
  • 平成2年4月 国立小児医療研究センター病理病態研究部長
  • 平成14年3月 国立成育医療センター研究所発生・文化研究部長
  • 平成15年6月 国立成育医療センター研究所・副所長
  • 平成22年4月 独立行政法人国立成育医療研究センター 臨床研究センター長
  • 平成25年11月〜現在 独立行政法人国立成育医療研究センター 理事長特任補佐室長 小児がん疫学臨床研究センター長(併任)
  • 平成3年4月〜現在 慶応義塾大学医学部・病理学・非常勤講師
  • 平成20年4月〜現在 東京農業大学・客員教授
  • 昭和57年4月〜現在 米国Stanford大学医学部・研究員(Divison of Onco)

  • ・Morimoto A, Ikushima S, Kinugawa N, Ishii E, Kohdera U, Sako M, Fujimoto J, Bessho F, Horibe K, Tsunematsu Y, Imashuku S and Japan LCH Study Group. Improved outcome in the treatment of pediatric multifocal Langerhans cell histiocytosis: Results in the JLSG-96 protocol study. Cancer. 107(3):613-9, 2006.
  • ・Yang L, Fujimoto J Qiu D, Sakamoto N. Trends in cancer mortality in the elderly in Japan, 1970-2007. Ann. Oncol. 21(2):389-96, 2010.
  • ・Tsurusawa M, Mori T, Kikuchi A, Mitsui T, Sunami S, Kobayashi R, Takimoto T, Saito A, Watanabe T, Fujimoto J, Nakazawa A, Ohshima K, and Horibe K. Improved treatment results of children with B-cell non-Hodgkin lymphoma: A report from the Japanese Pediatric Leukemia/Lymphoma Study Group B-NHL03 study. Pediatr Blood Cancer. 61(7):1215-21, 2014.

Clinic概要

院内写真
法人名
医療法人社団慈涌会
医院名
アクティクリニック
所在地
〒105-0011 東京都港区芝公園2-3-3 寺田ビル1F
名誉院長
大野典也
院 長
藤本純一郎
電話番号
03-5733-4705
FAX番号
03-5733-4706
URL
http://www.actti.jp
受付時間
午前9:30〜17:00(土日祝を除く)

院内写真

院内写真

細胞調製作業が行われるクリーンベンチ
(無菌作業台)

院内写真

(左)細胞保管用超低温冷凍庫
(右)サイトカイン冷蔵保管庫

院内写真

米国FDAの基準を実現する
コンパクトなCO2インキュベーター

アクセス

〒105-0011
東京都港区芝公園2-3-3 寺田ビル1F

>>大きい地図で見る

                         

電車をご利用の方

都営浅草線・大江戸線「大門駅」A3出口より徒歩3分、
A6出口より徒歩2分 都営三田線「御成門駅」
A2出口、「芝公園駅」A3 出口より徒歩5分
JR山手線・京浜東北線「浜松町駅」より徒歩8分

タクシーをご利用の方

乗務員に「芝の大門まで」とお声掛けください。

飛行機をご利用の方

>> 羽田空港から
東京モノレール「浜松町駅」より徒歩6分(所要時間:約23分)
京急空港線直通都営浅草線「大門駅」より徒歩3分(所要時間:約32分)

>> 成田空港から
京成成田スカイアクセス線直通都営浅草線「大門駅」より徒歩3分
(所要時間:約84分)

※お車でお越しの方⇒クリニックには駐車場のご用意はございません。
お手数ですが、近隣の有料駐車場をご利用ください。

© 2017 ACTTI CLINIC ALL RIGHTS RESERVED.